債務整理が必要な位の借金を抱えないためにお金を貸した結果・・・

f5049c55c40f49e19db651ee8d02b9ee_s

職場の同僚に借金を頼まれたことがあります。

当時、彼女はご主人と別れたばかり。

子どもは私と同い年、高校生でした。

1番お金がいる時期に一人。

本当に大変だったと思います。

私は彼女にお金を貸すことで、私達の関係が変わってしまうかもしれないと思い悩みました。

しかし、消費者金融からお金を借りて債務整理をするようなことになったら大変だと思い、
結局は三万円貸すことに。。

⇒債務整理についてはコチラ

気持ちの中では、貸したお金が戻ってこなくても仕方ないなと考えていました。

その後は、結局スーパーなどで見かけても避けられるようになってしまいました。

お金を貸したばっかりに、友達も失ってしまったような気持ちです。

同僚は、ありがとうとお金を受け取りはしましたが借用書などは無し。

あれから、ずいぶんたちましたが結局お金は返ってはきませんでした。

後で知ったのですが、ずいぶん色んな人に借金を申し入れていたようです。

その割には、若い男といた、着飾っていた、などという噂もありました。

もちろん、全て聞いただけの話なので真実は分かりませんが。。

人にお金を貸したり、借りたりする事の難しさを痛感した出来事です。

自分の問題だけじゃない!借金は結婚にも影響する

家族のために就職しお金を借りることに

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_s

借金というのは自分ひとりの問題ではありません。

私は三姉妹の長女で、大学3年生の時、父が亡くなりました。

父は少額ですが借金もあり、母は働いてるとはいえ、
父の葬儀代も出して、借金も返してとは到底無理でした。

その為、私は大学を辞めて、東京都内で就職することにしました。

就職してすぐに、家計のために消費者金融3社から合計100万円借入ました。

母はとても私に謝りましたし、全額返すとも言っていましたが、家計の金銭状況を見てると、
とても返す余裕があるとは思えなかったですし、期待もしていませんでした。

しかし、それ以降母は何かあると私に借金を申し込み、
私はそのためにカードローンで借金をし、の繰り返しになりました。

その後、私は結婚することになりましたが、とても夫に借金の事は言えませんでした。

自己都合で借入したのでは無いとはいえ、
返済が終わってないのは自分のせいなので、恥ずかしい気持ちがあった為です。

夫には、

「奨学金の借入があり、毎月3万円返済してる」

ということだけ伝えてありましたが、私も東京都内で働いていた為、
自分の給料から出していたし、特に問題は無かったのです。

2cbf12a2399b58f4afda2285c8ac8470_s

ですが、私が妊娠したのを期に仕事を辞めてほしいと言われ、
現在は専業主婦をしております。

毎月毎月、夫が生活費と返済金をくれますが、とても心苦しいです。
そんな苦しい毎日を暮らしています。

女性が安心して債務整理をするにはどこに相談したら良い?

債務整理をすることで借金は解決できる

8dcf3a43c119a53a406733f70590b42f_s

日本でも借金問題に悩む人はたくさんいます。

借金はきちんとした返済計画を立てて返済することが前提ではありますが、
多額の借金があって返済ができなくなったり、複数の借金で返済が困難になっている人も少なくありません。

これらの人が借金苦から解放され、借金を返済できるようにする法的な手続きが債務整理です。

債務整理をすることによって借金の額が低減されたり、借金自体が帳消しになります。

債務整理は正式な法的な手続きであるので、借金の返済に悩んでいる人や返済が困難になっている人におすすめできます。

債務整理には裁判所を通さずに進める任意整理、裁判所を通して行う自己破産、特定調停、個人再生がありますが、
それぞれの債務者によってどの方法を取ることがいいのかは債務者それぞれの事情によって違いますから、
弁護士や司法書士などに依頼して進めることが合理的です。

任意整理とは債務者と債権者が直接に交渉して債務の減免や月々の返済額の引き下げなどよって、
債務の返済を促進する方法で、債務の減額などはありますが、すべての債務が無くなる訳ではありません。

債権者を交渉をする際に弁護士や司法書士に交渉を任せることが多くなっています。

自己破産は地方裁判所に申し立て、裁判所が認めれば債務のすべてをなくすることができます。
しかし、債務者が持っている財産などはすべて処分されることになります。

特定調停は簡易裁判所に申し立てをして簡易裁判所が仲介をして債務の減免や月々の返済額の引き下げをする方法です。

任意整理と似ていますが、特定調停では簡易裁判所を介して債務者本人が申し立てと交渉をすることになり、
弁護士や司法書士に任せることはできません。

個人再生は地方裁判所に申し立てを行い、裁判所からの再生委員によって債務の減免や月々の返済額の引き下げが行われます。

どれほど多額の債務であっても債務整理を行うことができないことはありません。
返済が困難になったとなれば債務整理を利用することを検討すべきでしょう。

女性の方の中には債務整理に不安を感じる方も少ないかと思います。

おすすめは女性が借金問題を安心して相談できるアヴァンス法務事務所です。

こちらは大手の司法書士事務所なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

アヴァンス法務事務所は女性専門の窓口を用意しているなど、女性が安心して相談できる事務所です。

債務整理を考えている女性の方には特におすすめできるでしょう。